むち打ちからくる頭痛、改善

2017年11月8日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

交通事故で後方から自動車に衝突され、引き起こす症状に「むち打ち」があります。

むち打ちといえば、首を動かすと痛いと思われがちだと思います。

首の痛み以外にも、色々な症状を感じる傾向です。

当院の交通事故治療を受診する患者様で、「頭痛」を訴える場合があります。

むち打ちで比較的多い頭痛での、詳細や当院の対応をご説明します。

 

 

むち打ちからくる頭痛

自動車に衝突される事により、首は前後に強い勢いで振られます。

首周囲の筋肉・靭帯・椎間板などを損傷します。

(※むち打ちは、骨は損傷してないのでCT・レントゲンでは異常なしと、診断される場合があるので注意が必要です。)

筋肉・靭帯・椎間板などを損傷すると、首から脳に血液循環が悪くなる傾向があります。

血液循環が悪くなると、“ズキン・ズキン”と脈を打つように頭痛を感じます。

また、天気の悪く低気圧の影響で頭痛が強く感じる場合があります。

数日間継続し痛み、吐き気などを伴う事もあります。

 

頭痛に対する、治療

首・肩・背中にアプローチし、筋肉・靭帯・椎間板などの炎症を軽減し、首から脳の血液循環の改善を目指します。

何日か継続的に施術を受けると、血液循環も改善され頭痛は収まる傾向です。

しかし、むち打ちからくる頭痛はぶり返す事も特徴的ですので、首に負担を掛からない日常生活を注意して過ごすのも大事になってきます。

症状の状態をみながら、背骨の矯正を行います。

痛みの影響で、猫背などの悪い姿勢になりがちなので首から脳の血液循環が悪くなります。

背骨・骨盤の歪みを整え、血液循環の改善し頭痛の消失を目指します。

 

日常生活では

損傷直後は、冷やす事が大事です。

首・こめかみ・おでこを氷嚢・氷枕で冷やす事により、血液循環も良くなり炎症を抑制する効果があります。

首のカラーを装着し、首の負担を減少し頭痛改善にもつながります。

(※首のカラーを長期間継続的に装着すると、首の筋肉が減少し“むち打ちの症状悪化”になる可能性があるので、注意が必要です。)

一定期間経過後は、症状の状態をみながら「歩く」をお勧めしています。

歩く動作は、肩甲骨を動く事と上下に揺れる事により、首のバランスが良くなります。

また、自立神経のバランスを良くなり、頭痛の改善に繋がります。

 

むち打ちからくる頭痛は、しっかり治療しないと後遺症になる事もあります。

しっかり治す事を当院では、お勧めしています。

交通事故治療を探している方、むち打ち・頭痛で悩んでいる方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

 

交通事故治療を知りたい人はこちらをクリック

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022

千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。