むち打ちについて

2017年10月8日

こんにちは、泉町鍼灸整骨院の清田です。

今日の柏市は、天気も良く気温も上がり心地良い1日でした。

 

さて、「むち打ち」ってご存知だと思います。

交通事故に巻き込まれた事のない人は、車に追突され首が痛くなるぐらいの感じの認識だと思います。

実はむち打ちって、しっかり対応しないと大変苦しむ症状です。

今回は、当院のむち打ち対応の詳細をお伝えします。

むち打ちの概念

追突事故などの衝突により首がムチようになり痛めるため、むち打ちといわれます。

診断名は、頚部捻挫・外傷性頚部症候群など呼ばれます。

ちなみに昔は、むち打ち損傷と呼ばれている時期もあったみたいです。

 

むち打ちの症状

時々いらっしゃるのが、事故直後に痛みがないから医療機関に行かなくていいかと言う患者様がいます。

ほとんどの患者様は、少し時間が経つと強い症状を訴えます。

事故直後は怒りと驚きで興奮状態になり、アドレナリンも“ガンガン”分泌され痛みを感じなくなるみたいです。

時間が経つと、落ち着き痛みを感じるようになります。

具体的な症状は、頭痛・めまい・首から背中までの痛み、手の痺れ、吐き気、目のかすみなど。

当院の患者様で多いのは「バレ・・リユウー症候群」といい、全身ダルイ・直ぐ疲れるなど倦怠感や集中力が続かないなどで、寝込んでしまう場合もあります。

また、こういった症状はレントゲン検査では映りません。

病院の先生によっては、異常なしと診断される場合があるので注意して下さい。

 

むち打ちに対する当院の対応

必ず自賠責保険での治療では医師の「診断書」が必要です。

患者様で何処の病院に行っていいか解らない場合は、紹介状を用い病院を紹介します。

その後転医し当院で治療中でも、途中経過のお身体の状態を確認したいので、最低月に1回は病院に通院してもらう対応をとっています。

損傷当初は患部の炎症が強いので、あまり手技療法はやらず医療機器を使用し理学的療法や保存療法を中心の治療になります。

期間が経過し症状が落ち着いてきたら、手技療法も加え筋肉の痛む軽減したり骨盤の歪みを整えたりします。

当院は治療だけではなく、患者様のメンタル面でのケアもしっかりやっています。

弁護士事務所とも提携していますので、何かあった時は御紹介致します。

 

交通事故で追突された方、むち打ちで悩んでいる方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

詳しくはこちら→交通事故・むち打ち治療

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

 

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。