トイレが近い受験生、お勧めの「ツボ」であります

2018年01月17日

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

早いもので1月も後半にさし掛かり、学生さん達の受験シーズンに到来です。

当院では、受験生達が鍼灸治療を受診しに来院されます。

頭痛、眼精疲労、顎の痛み、肩こり、腰痛など様々なお悩みが多い傾向です。

受験を控えている患者様とお話をしていると。

「試験中、トイレが心配」

「緊張して、トイレ行く回数が増えた」

「トイレに行っても、不快感が残る」

など、よくお聞きします。

 

 

【ストレスが原因】

加齢より尿道括約筋(尿を我慢する筋肉)の低下により、「過活動膀胱」や「前立腺肥大」が発症し頻尿を起こします。

受験生などの年齢が若い方は、ストレスが原因傾向です。

回数が1日8~10回程度で問題ありと言う意見もありますし、10回程度は問題ないと言う医師もいるのが現状です。

医学的にはストレスが原因の頻尿は、1回に出す尿量の方が回数よりも問題です。

ストレスにより自律神経のバランスが乱れます。

自律神経のバランス乱れる事により、たくさんトイレに行きたくなるのに少ししか出ない事や、残尿感や不快感なども発症します。

 

 

【治す為の重要なポイント】

●普段の日常生活では、気にせずトイレに行って下さい。

トイレに行ったという安心感がストレスの軽減になり、自律神経のバランスも安定しやすくなります。

 

●1度、心療内科に受診してみて下さい。

ご1人で悩まず、カウンセリングでお話を聞いてもらう事でストレスが軽減します。

 

●鍼灸治療では、自律神経のバランスの安定を目指します。

また、腎機能やお身体の保温機能上昇などをアプローチします。

 

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

 

【受験生の方、テスト前に気軽に押せるツボ】

①合谷(ゴウコク)

手の甲にあり、親指と人差し指の骨の別れ目で押すと“ギュー”と刺激がある部位。

精神の安定、気の巡りも良くなる効果があります。

 

神門(シンモン)

 

手首の前内側(小指側)、少しくぼんだ部位。

精神を安定させる効果があります。

 

③内関(ナイカン)

手首の前側で、シワの中央から肘に向かって、指3本分上にある部位。

心を穏やかにする効果があります。

 

<押し方>

左右のツボをゆっくり10秒押し深く圧が掛かったら10秒維持し、5秒掛けて圧を緩める様に離して下さい。

強く押すのではなく、優しく押すことを心掛けて下さい。

 

日頃から押して習慣づける事で、いざ試験になっても押すのが癖になり精神が安定し、トイレに行きづらくなるかもしれませんよ。

 

※当院では、鍼灸治療で「円皮鍼」でも対応させて頂いております。

刺さない鍼がシールになっていて、常にツボを刺激する効果があります。

 

 

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■