乾燥肌、「美容鍼」と「ご自身のケア」で改善

2017年12月14日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

当院の鍼灸治療のメニューの【美容鍼】を受診する患者様のお悩みで、「乾燥肌」の改善を訴えが多い傾向です。

冬はただでさえ乾燥肌が悪化しやすい時期、患者様のお話を伺っていると間違ったお肌のケアをし、よけいに乾燥肌を助長している場合があります。

当院は患者様に美容鍼を受診して頂き、患者様には乾燥肌に対する正しいケアのご指導も心掛けております。

 

 

乾燥肌を助長する、間違った日常生活の習慣

<洗顔時、ゴシゴシし過ぎ(当院の患者様に多いです)>

お顔をゴシゴシ洗顔する事で、バリア機能をしている角質層を剥奪します。

紫外線などの外的刺激にも弱くなりますし、お肌を潤す細胞間脂質が減少し、お肌が乾燥状態になります。

また、お湯で洗顔するのも細胞間脂質の減少の原因になります。

ちんみにお風呂のお湯も熱すぎると、細胞間脂質の減少の原因になります。

 

A.洗顔は、よく泡立てて手のひらで優しく擦り、ぬるま湯で洗い流して下さい。

また洗顔後お肌の水分を逃さぬよう、化粧水や乳液でしっかり保湿して下さい。

 

<睡眠不足>

睡眠不足は成長ホルモンの分泌が減少し、お肌のターンオーバー周期が乱れます。

ターンオーバー周期が乱れますと、お肌を潤す細胞間脂質の減少し乾燥肌になります。

 

A.入浴後約90分以内に、就寝する事を心掛けて下さい。

お身体が温まり、副交感神経が優位になり眠りやすい状態です。

ちなみに就寝してから、3時間後に成長ホルモンの分泌が多くなります。

成長ホルモンの正常に分泌すると、お肌のターンオーバー周期を正常になりやすくなります。

 

※冬は暖房をつけて就寝する事が多いと思いますが、暖房はお肌が大変乾燥します。

濡れたタオルを干して就寝する事をお勧めします。

保湿効果があり、お肌以外に喉にも良いです。

 

<バランスの悪い食生活>

野菜不足、ビタミン不足になるとお肌は乾燥する傾向です。

ビタミンは肌の再生する効果があります。

また、お肉や魚介類などの蛋白質不足も乾燥肌になります。

 

A.蛋白質やビタミンB2・B6・Cを摂取する事で、ターンオーバー周期の乱れを正常

に戻しやすい傾向です。

しっかりとした食生活を心掛けて下さい。

 

 

乾燥肌には、美容鍼がお勧め

当院の美容鍼療法は、多数の鍼を用い筋肉やツボにアプローチします。

血液循環の改善・お顔の筋肉の活性化・自律神経のバランスの安定などの効果が肌質改善を目指します。

肌質が改善してきますと、お肌のターンオーバー周期を正常に戻り、乾燥しないお肌を導きます。

 

美容鍼を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

当院は美容鍼の効果を持続する、または効果を発揮しやすくするには、患者様のお肌のケアや日常生活習慣も非常に大事だと考えています。

 

乾燥肌に悩んでいる方、美容鍼に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627