交通事故、自転車での怪我について

2018年04月15日

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

当院は交通事故治療も対応させて頂いております。

 

 

車を運転していて、走行中の自転車に対して“危ない”と思う事ないですか?

自転車に適用される、道路交通法があり。

基本歩道を走らず、道路の左側を走るルールがあります。

小さなお子様、ご老人も自転車は乗るのが現実です。

 

現在年々交通事故件数は減少していますが。

自転車関係の事故は、多い傾向です。

今回は交通事故での、自転車走行者の怪我でついてご説明します。

 

【打撲】

自転車で1番多いのは、当院ですと「打撲」です。

患部に自動車が衝突される。

衝突され、転倒した際に打つ。

などで、発症する傾向です。

 

<処置>

アイシング、サポーターや包帯で圧迫など。

 

【鎖骨骨折】

転倒した際に折る事が多いです。

鎖骨直接に外力がかかり折る事は、ほぼ無く。

転倒した際に、肩部を衝いた時に介達外力がかかり、鎖骨骨折が発症します。

 

<処置>

鎖骨用のバンドで固定、もしくは手術を行います。

 

【肋骨骨折】

交通事故の場合、患部に直接外力がかかり骨折する事が多いです。

 

<処置>

肋骨用のバンドで固定、もしくは手術を行います。

 

 

<強い衝撃に肋骨骨折を受けた場合>

●動揺性胸郭

1本の骨が2カ所以上折れ、それが数本だと胸郭の支持機能が失われ、呼吸困難やショック症状を起こします。

 

●外傷性気胸

強い衝撃により胸膜が損傷し、胸膜空に空気が溜まり呼吸困難を起こします。

 

●血胸

肺や動脈・静脈が損傷し、胸膜内に血液が溜まり呼吸困難を起こします。

 

動揺性胸郭・外傷性気胸・血胸を発症した場合、最悪死に至る場合があります。

しっかり病院での治療をお勧めします。

 

その他にも、多数の怪我があります。

 

自転車に走行し、自動車に衝突され事故に巻き込まれ際。

救急車を呼び、速めの検査・処置・治療を受けて下さい。

 

 

ご自身で怪我の具合を判断し救急車を呼ばず。

 

後から実は折れていました、というケース多々あります。

 

当院は病院から転位をし、交通事故治療できます。

 

交通事故治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

交通事故治療を受診されたい方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■