交通事故治療、「むち打ち」は寒さに注意

2017年11月30日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

当院の交通事故治療を受診する患者様で、年末時に症状が少し悪化する場合があります。

悪化する原因が、「寒さ」が多い傾向です。

 

 

 

寒さ

むち打ちは、筋肉・関節などを強く痛め敏感な状態の為、天気や気候の変化で症状が悪化する傾向です。

気温が下がり寒くなると、血液循環が悪くなり首・肩・背中などの血液循環が悪くなり、痛めた部位の炎症が悪化します。

 

寒さは、自律神経にも影響を与えます。

自律神経には活動時優位になる「交感神経」と、休む時に優位になる「副交感神経」があり、バランスをとっています。

寒さが強くなると身体を“温めよう”とする為、交感神経が優位になり首・肩の筋肉が緊張状態になり、血管を圧迫し症状を悪化させます。

 

首の痛み以外に、頭痛や手の痺れなど症状を訴える患者様が、当院では多いです。

 

寒さは、日常生活での姿勢を悪くさせます。

無意識に“グッ”と肩を力ませますし、肩をすぼめ前かがみの姿勢をとります。

首・肩・背中の筋肉が緊張状態になり、特に肩コリや頭痛が悪化します。

 

年末の寒さ以外に、梅雨などの気圧の変化などでも「むち打ち」の症状が悪化します。

 

 

当院の治療

むち打ちは大変敏感な状態なので、低刺激で首・肩・背中などの血液循環の改善を心掛けて治療しています。

症状がおさまってきたら、首・肩・背中など筋肉の緊張低下や、骨盤・背骨の歪みを整え症状改善を目指します。

また患者様に自宅で肩甲骨を動かす体操や、歪んだ背骨を治すストレッチなどのご指導をさせて頂いております。

 

 

患者様が出来る事

首を冷えない事が大切です!

外出時にマフラーなどを巻く事や、小さめのカイロを背中に貼って下さい。

※頭痛が酷い場合は、カイロで温めると症状が悪化する場合があるので注意して下さい。

 

 

交通事故治療を探している方、むち打ち・怪我で悩んでいる方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

 

詳しくは→交通事故治療・むち打ち治療

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022

千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。