疲れがとれない、鍼灸治療で改善

2018年01月15日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

当院の鍼灸治療を受診する患者様で。

「1日の疲れが、全然とれない」

「朝起きが辛い」

「いつも疲れている」

などの、お悩みをよくお聞きします。

慢性的な疲労を感じている方は、日常生活を見直す事をお勧めします。

 

 

 

【疲れがとれにくくなってしまう原因】

 

①胃腸が弱る

体力が低下した状態は、胃腸が弱り消化機能が低下します。

胃腸の消化機能の低下が起こると栄養吸収が出来にくくなり、疲れやすいお身体になる傾向です。

病気も発症しやすくなります。

また、力をつけようと過剰なカロリー摂取や栄養の偏りなど、無理に食べる必要はないです。

体力が低下ぎみの時は、腹八分目を心掛け胃腸の弱るのを防止する事が大事です。

 

②睡眠の質が悪い

寝起きに疲労を感じている方、睡眠の質が悪い可能性がある傾向です。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2つを繰り返している状態です。

特にレム睡眠をとる事は、精神的・肉体的な疲労を回復させる効果があります。

睡眠時間が短いと、レム睡眠に影響ができやすく疲労回復しにくくなります。

最近では、就寝前にスマートフォンなどの使用が原因で、睡眠の質が悪くなり疲れがとれていない事が多い患者様がおられます。

就寝前約2時間前にはお風呂に入り、リラックスして寝る事をお勧めします。

 

 

【鍼灸治療では】

 

●弱った胃腸の働きを高める、ツボをアプローチします。

<内関>ナイカン

手掌側で手首のシワの中央から肘のシワに向かって、指3本分の部位にあります。

胃の機能の改善する効果があります。

乗り物酔い防止の効果もあります。

 

<公孫>コウソン

足の内側で、親指の骨の出っ張りがある部位の下にあります。

胃痛の機能を高める効果と、不眠などにも効果あります。

 

●疲労を回復する、ツボをアプローチします。

<湧泉>ユウセン

足の裏にあり、人差し指と中指の間で曲げた際にくぼむ部位です。

疲労回復以外に、頭痛にも効果があります。

 

●ご自身で、押す事で効果が感じられやすいです。

<押し方>

ゆっくり5秒押し深く圧が掛かったら5秒維持し、5秒掛けて圧を緩める様に離して下さい。

※当院で、ご自身でツボを押している患者様がいるのですが、内出血がでるほど押している患者様が何人かおられます。

強く押すのではなく、優しく押すことを心掛けて下さい。

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

 

1日中疲労感がある方は、食事や睡眠の見直しが必要です。

また、鍼灸治療で疲れにくい日常生活のお手伝いが出来れば幸いです。

 

疲れがとれない方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■