腸腰筋腱炎の対処法

2018年03月23日

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

春になり気温も上昇し、ランニングのご趣味の方は心地良くトーレンニグをなされているのではないでしょうか。

 

ランニング愛好者の患者様で。

ランニングの際「股関節のつけ根の内側が痛む」と訴えがあります。

 

 

大腿部(太もも)のつけ根の内側が痛む、股(マタ)が痛む場合。

腸腰筋腱炎”という傷害が多い傾向です。

当院は腸腰筋腱炎には鍼灸治療や微弱電流機器(炎症を軽減する機器)で対応させて頂いております。

 

 

【腸腰筋腱炎とは】

 

<腸腰筋>

 

 

腸骨筋と大腰筋の2つで構成されている筋肉です。

大腰筋は脊柱(背・腰骨)から。

腸骨筋は骨盤の左右の翼状の腸骨(寛骨もという)から始まり。

骨盤内で合流し腸腰筋となり、大腿骨の内側部に付着しまします。

 

脊柱(腰骨)のバランスをとりながら、股関節の屈曲(もも上げ動作)。

脊柱を前屈(お辞儀をする動作)。

などの作用があります。

 

その腸腰筋に繰り返しの負担がかかり、大腿骨に付着する腸腰筋腱(筋のつけ根)に炎症が発症します。

 

 

【ランニングによる、腸腰筋腱炎】

ランニングの際、フォームに原因が多い傾向です。

 

ずばり「蹴り足が流れてしまうフォーム」です。

蹴り足が流れてしまうと。

前方に出す一歩が遅れる、足が出しきれない。

本来の足が着地しなくてはいけない場所よりも、後方に着地している。

足が体幹よりも後方にある時間が長いと、蹴り足が流れると表現します。

 

蹴り足が流れるフォームでランニングする事で。

腸腰筋腱が強く引き伸ばされ、炎症が発症します。

(※重症な場合、腱の断裂や剥離骨折の場合もあります)

 

また、蹴り足が流れがちな方はレースなどの後半疲労が溜まってくると。

“骨盤が後傾”になり、前に足が更に出しにくくなり、腸腰筋に負担がかかり炎症が発症します。

 

 

【当院の対応】

個人差がありますが。

腸腰筋はインナーマッスルといって、お身体の深い部位に存在します。

その為、アプローチが難しいのも特徴です。

当院の鍼灸治療では少し長い鍼を用いる事で、腸腰筋にアプローチする事が可能となります。

また、パルス療法(鍼通電療法)で腸腰筋に心地良い刺激を提供します。

血液循環改善・自律神経のバランスの乱れの正常化・筋緊張の改善などの効果があります。

繰り返しアプローチする事で、腸腰筋の負担が軽減します。

大腿骨内側の炎症部位には、微弱電流機器を用い痛みの消失を目指します。

 

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

 

【トレーニングの対応方法】

痛みを感じたら、ランニングのストップをお勧めします。

大腿骨内側のアイシング、腸腰筋のストレッチ・マッサージを行い1~3週間程度、ランニングをお休みして下さい。

※痛みが気になるからといって、患部を“グリグリ”するとよけい痛みはよけい悪化する可能性があります。

 

ランニング再開後、痛みを感じる。

または、日常生活でも痛みを感じる場合は、適切な治療が必要とされます。

※最初に痛みを感じた時に治療をした方が、より治癒しやすい傾向です。

 

痛みがあるのに、無理にランニングすると、腸腰筋腱の微際な断裂・剥離骨折する事もあるので注意して下さい。

 

腸腰筋腱炎、ランニングの怪我で悩んでいる方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■