鍼灸治療で、自律神経の乱れの調節

2017年11月28日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

「なかなか眠れない」

「疲れがとれない」

「イライラする」

 

そして、朝になると「しんどい・・・」を思う。

 

そんな方、特に年末が近づくと少なくないと思います。

 

当院の鍼灸治療でそのようなお悩みを訴える患者様は、自律神経のバランスの乱れが多い傾向です。

●自律神経

自律神経は、自身の意思とは関係なく勝手に働く神経です。

食物を胃で消化

血圧上昇

心臓が動く

などの、生命活動として重要な神経です。

 

交感神経・副交感神経とあって、この2つの神経がバランスをとり、生命維持をしています。

交感神経が働いている時は、副交感神経は休んでいます。

副交感神経が働いている時は、交感神経は休んでいます。

また2つの神経は、体に対して真逆な役割を果たし、シーソーのようにバランスをとっています。

 

 

●交感神経・副交感神経

「交感神経」は、イメージ的には“戦う”時に働く神経です。

運動時、活動時、興奮状態、ストレスを感じる、緊張時に交換神経は働いています。

 

具体的には

・心臓・呼吸リズムが速くなる

・汗をかく

・血管が収縮

・血圧が上昇

・胃、腸の活動抑制

まだ色々ありますが、交感神経の優位になっている時の体の状態です。

 

「副交感神経」は、イメージ的には“戦う”時に働く神経です。

睡眠時、リラックス状態時などに副交感神経は働いています。

 

具体的には

・心臓・呼吸リズムが遅い

・血管が拡張

・血圧が下がる

・胃、腸の活動活発

まだ色々ありますが、交感神経の優位になっている時の体の状態です。

 

交感神経・副交感神経のバランスが、何らかの原因で崩れると、体に様々な影響が起きてきます。

例えば、夜寝る際は副交感神経が優位なので眠れます。

しかし、自律神経のバランスが乱れていると、交感神経が優位になっているので眠れない状態になっています。

 

 

●自律神経の乱れの原因

・ストレス過多

・日常生活リズムや、環境の変化

・更年期障害によるホルモンバランスが崩れ

などが、多い傾向の原因です。

 

当院来院する自律神経の乱れの多い症状

体がだるい、疲れがとれない、眠りが浅い、肩こり、背部痛など。

 

当院の鍼灸治療は、自律神経系の筋肉・ツボにアプローチします。

筋肉の緊張改善、血液循環を良くする、胃腸の蠕動運動を良くするなどリラックス効果をだし、症状に対応しています。

また背骨からは、自律神経を含む神経がでています。

骨盤・背骨の歪みを矯正で整え、自律神経にアプローチし自然治癒力を高める治療法を、鍼灸治療に組み合わせ、自律神経のバランスが乱れの改善を目指します。

 

 

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

 

詳しくはこちら→鍼灸治療

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。