鍼灸治療で股関節痛を改善

2017年10月30日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

当院に鍼灸治療を受診する患者様で、股関節痛を訴える患者様が多くいらっしゃいます。

中でも「腸腰筋腱炎」といって、腰に負担がかかり股関節に痛みを感じる傾向です。

 

腸腰筋腱炎って

腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)の腱の炎症です。

腸腰筋は、腰の骨(腰椎)と骨盤から大腿骨をつながっていて、インナーマッスルとも呼ばれています。

股関節を屈曲(もも上げの動き)と、体幹を前屈する作用があります。

簡単に言うと、骨盤を支えている重要な筋肉です。

 

痛くなる体勢

長時間同姿勢で座っていると、痛くなりやすいです。

当院に来院する患者様では、居酒屋などの座敷の長時間座っていると、立つときに強い痛みを感じるとよくお聞きになります。

ランニング愛好者の患者様だと、疲れてきて大腿部を上げる際に強い痛みを感じると訴えます。

骨盤と後に傾き、大腿部を強く屈曲した際に腸腰筋に強い負担がかかります。

 

腸腰筋腱炎には、鍼灸治療がお勧め。

腸腰筋は、腰部の深部にある筋肉です。

深部にある為、直接アプローチしづらく完治に長時間かかる場合があります。

鍼灸治療は、深部の腸腰筋に直接アプローチできる“鍼”があります。

少し長めの鍼で、腸腰筋に刺し炎症の軽減を目指します。

 

ランナーに多いです

当院の患者様、ランニング愛好者が多いのですが腸腰筋腱炎多いです。

ランニングの際に、上体の重心が後にかかり気味のフォームの方。

蹴る足が後方に流れてしまうフォームの方に、腸腰筋腱炎を発症しやすいです。

痛み初めはアイシングをし、鍼灸治療で負担を軽減しキネシオテーピングなどを貼って、徐々に練習量を増やしていくのがお勧めです。

また、V字腹筋という筋トレがあるのですが腸腰筋が鍛えられ、フォームを安定し腸腰筋腱炎にはなりにくいです。

 

股関節が痛いのに、腸腰筋に原因だと解らなく長期間悩んでいる方いると思います。

鍼灸治療で、痛みを和らげてみませんか?

股関節が痛いくお悩みの方、鍼灸治療に興味のある方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

 

詳しくはこちら→鍼灸治療

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。