顎関節症でのお顔の歪み、鍼灸治療で改善

2018年03月6日

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

当院の鍼灸治療で、顎関節症がお悩みで来院する患者様がおられます。

 

「顎が痛い、よし鍼灸治療を受けよう!!」

とは、ならないのが現状です。

私の方も、いきなり来院されたらちょっとビックリします。

医療機関で治療を受け症状があまり軽減されず、インターネットの情報や知人の噂で鍼灸治療にチャレンジされる患部がほとんどです。

 

個人差・症状にもよりますが、顎関節症は鍼灸治療をする事により効果がでやすい傾向で、お勧めの施術方法です。

 

代表的な症状は、顎関節が痛む、口があまり開けられない、顎を動かした際に雑音が鳴るですが。

他の症状で、当院の患者様で訴えが多いのが「お顔の歪み、左右差がある」です。

 

 

【お顔の歪む部位】

患者様が多く左右非対称を訴える部位が。

・目尻の高さ

・口角の高さ

・頬の膨らみ

・ほうれい線の深さ

・顎のエラの大きさ

などがあります。

 

顎関節は、関節円板(骨と骨の間にあるクッション性の効果がある軟骨)・筋肉・靭帯などで構成され、様々原因で関節の連結が上手くいかず、お顔の歪みが発生します。

 

 

【歪む原因】

当院の患者様にカウンセリングした際によくお聞きする原因が。

①くいしばり

1番多いです。

ストレス、物事を集中している時に多くする事が多いです。

他には、歯ぎしりなどもあります。

 

②片方の顎に負担をかけてしまう、日常生活習慣

同側で頻繁に行う癖:食事の際に噛む、頬杖をつく、うつ伏せで寝るなどがあります。

 

③噛み合わせ良くない。

噛み合わせが良くない状態で、咀嚼を継続する事でお顔のバランスが崩れ歪む傾向です。

 

 

【お顔の歪みに対しての、当院の対応】

 

 

鍼灸治療と微弱電流機器(炎症を軽減する機器)で、対応をさせて頂いております。

お顔の歪みは、表情筋や下顎骨を持ち上げる筋肉(側頭筋や咬筋)が強く凝っています。

多数の鍼を用いて筋肉にアプローチします。

筋肉がほぐれる事でお顔のバランスが良くなり、歪みがとれてきます。

歪みがとれていく事で口の動きも良くなり、開きやすくなります。

顎関節の炎症部位に微弱電流機器で治療する事で、炎症部位にアプローチする事で痛みも軽減する傾向です。

 

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

 

顎関節症の好発年齢は、2・30歳代の女性に多いといわれています。

最近、10歳代の患者様も来院されます。

柔らかい食べ物を食べている事が多く、顎を構成している筋肉が弱っているのが1つの原因だと思います。

お子さんの食生活を見直すのも、大変大事だと思います。

 

顎関節症やお顔の歪みで、悩んでいる方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■