ランニング後の、肩凝り

2018年04月21日

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

当院では、ランニングをご趣味としている患者様が多く通われています。

ランニング障害には、鍼灸治療で対応させて頂いております。

 

 

ランニングブームでもあり。

大人なってから、ランニングを初めた患者様も多い傾向です。

治療以外に怪我をしにくいトレーニング環境や、レース前の調整方法などもアドバイスさせて頂いております。

 

ランニングは有酸素運動で、肩凝りの解消に良いのですが。

ランニング初心者の方に多いお悩みで。

「ランニング後、肩凝りを感じる」

「ランニング中、肩凝りが辛い」

などの、お悩みをお聞きします。

 

 

【肩が凝る原因】

●ランニングフォームの崩れ

ランニングスタート時点からフォームが悪い方もおられますが。

疲れてくると、筋肉不足や癖によって崩れてしまいます。

肩凝りを感じる方は、フォームをチェックする事をお勧めします。

 

1.疲れてくると、前傾姿勢

ランニング経験が長い方でも、起こる事ですが。

疲れくると、下を向いて前傾姿勢になってしまう事が多い傾向です。

 

特に、

〇肩甲挙筋(肩甲骨と首をつないでいる)

〇僧帽筋(首肩・背中周りの筋肉)

に負担がかかり肩凝りを感じます。

 

前傾姿勢は呼吸もしづらくなりますし、モモも上がらなくなります。

 

2.肘が前に出過ぎ、力みすぎ

「腕を振ろう」と意識が行き過ぎてしまい、力んでしまう傾向です。

 

力むと、

〇肩に力が入る

〇肘が前に出過ぎる

 

肩甲骨周辺の筋肉が引き伸ばされ、肩凝りを強く感じます。

 

 

【当院の対応】

ランニングでの、肩凝りを強く感じ患者様には。

鍼灸治療のパルス療法(鍼通電療法)を提供させて頂いております。

 

<パルス療法>

鍼を刺し電流(低周波)を流す事により。

筋肉の凝り、血行不良の改善に有効です。

自律神経のバランスの調節する為、リラックス効果もあります。

 

※電流刺激が苦手な患者様には、鍼を刺しておくだけの「置鍼」(ちしん)と灸治療をさせて頂いております。

置鍼とお灸治療でも、筋肉の凝り、血行不良の改善は有効です。

 

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

 

【トレーニングの対応方法】

フォームの見直しが大切です。

 

1.力むと肩が少し上がっている状態の為、肩に力を入れない。

気づいたら、肩や両腕を回すと力が抜けます。

 

2.肘を後に引くイメージで、腕を振る。

力みの解消にもなりますし、リズム良く振る事がポイントです。

 

3.疲れて前傾姿勢に、身体を起こす。

気づいて姿勢を修正する事で、後半の疲労度は全然違ってくる傾向です。

※特に腸腰筋を鍛える事により、前傾姿勢がしづらくなります。

 

※腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)

 

ランニングでの怪我で悩んでいる方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

【住所】

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

【電話番号】予約制

04-7166-2627 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■