交通事故による強い打撲、最初の処置が重要

2018年07月6日

交通事故治療 症例報告

※患者様から、症状・治療詳細など報告記述の許可を頂いております。

 

患者様

□S様

□性別:女性

□年齢:30代

□地域:柏市

□来院月:1月

 

来院動機

青信号で横断歩道を歩行中、左折しよとした自動車が不注意で衝突される。

 

病院での医師、大腿部(太もも)打撲・肩部打撲。

 

病院の治療・リハビリ等が、痛め止め・湿布だけだった為。

 

大腿部の痛み・腫れが著明で、歩行時の痛みが改善されない事と、

小さいお子様がいる・病院での待ち時間の長さなど、

病院に通うのが困難な為。

 

怪我の根本的改善を行う治療・予約制の治療院を探していて、

インターネットの検索で当院を発見し

ご予約・ご来院。

 

症状

□痛み

部位:右大腿部、右肩部

つらい時間帯:基本的1日中

つらい動き:歩行時・座位から立ち上がった時(大腿部)、腕を挙げた時(右肩部)

 

□その他

●右手に痺れ・力が入らない

●歩行時痛

●右大腿部に、強い腫れ・内出血

 

施術方形・内容

今回S様施術当初は、右大腿部の痛み・腫れ・内出血が著明な為。

患部には低周波などは行わず、刺激少ない微弱電流機器(炎症軽減する機器)や

包帯で圧迫固定でアプローチを行いました。

 

右肩部は打撲と診断されましたが、

捻挫・神経痛などの症状がありましたので

患部の炎症軽減と首肩周りの筋肉の張り軽減するアプローチを行いました。

 

●右大腿部

痛み・腫れ・内出血が落ち着くまで、

微弱電流機器・包帯固定でアプロー行いました。

 

症状が落ち着いたら、低周波・患部周囲の筋肉のマッサージを加えてアプローチを行いました。

 

●右肩部

低周波と手に痺れある為、首肩周りの筋肉のマッサージを行う。

 

施術経過

S様右大腿部の衝撃が強く腫れ・内出血が強く、

日常生活に影響を及ぼしていた為

施術当初は少しでも早く症状を軽減する事を目標に施術計画を立てました。

 

●1週~5週

初回から5週間継続的に施術を行い、

右肩部の痛みは残存するが、手の痺れ・力が入らないなど消失。

 

右大腿部は、腫れ・内出血ほとんど消失。

歩行時痛・動き初めの痛み残存。

 

●6週~10週

症状が少し軽減してきた為、週に2~3回の施術を行いました。

右肩部の痛みが軽減。

 

右大腿部の腫れ・内出血が消失し、歩行時痛・動き初めの痛みが軽減してきた為。

強い固定力ある包帯固定から、固定力が落ちるサポート固定に変更。

 

●11週~15週

右肩部の痛み、腕を挙げた際の痛み消失。

右大腿部の歩行時痛・動き初めの消失。

 

日常生活に影響を及ばさない為、治癒しました。

 

考察

S様のように自動車に直接ぶつかると、患部に強い痛み・腫れ・内出血が発症します。

非常に強い打撲は、最初の処置が非常に重要な傾向です。

当院では、アイシング・しっかりとした圧迫固定を処置として行います。

 

また、強い打撲は早期にマッサージを行うと

「筋膜外血種」なども発症する恐れがありますので

慎重なアプローチが必要とされます。

※筋膜外血種について

 

交通事故による怪我、しっかり処置・治療を行う事で

後遺症もなく治癒する傾向です。

 

交通事故治療・むち打ち治療をお探しの方、

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。

 

泉町鍼灸整骨院

住所

〒277-0022

千葉県柏市泉町8ー11

柏駅南口から徒歩7分

泉町公園の斜め前

電話

予約制

04-7166-2627

ネット予約