坐骨神経痛は鍼のパルス療法が効果的

2017年10月10日

こんにちは、泉町鍼灸整骨院の清田です。

今日の柏市は連日暑く、当院も冷房を1日中つけていました。

 

突然ですが、「坐骨神経痛」って聞いた事ないですか?

よく解らないけど、聞いた事あるって方多いと思います。

「坐骨神経」とは、臀部から太もも・ふくらはぎ・すねを通り足までを支配する大事な神経です。

坐骨神経を何かで刺激や圧迫するのが原因です。

腰痛とセットででる事が多く、臀部・太もも・ふうらはぎ・すね・足に痺れや鈍痛を感じます。

腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群などに現れます。

当院の鍼灸治療で、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群などの坐骨神経痛を訴える患者様が大勢いますが、それ以上に病院でMRIなどの検査をしても異常なしと診断されたけど、坐骨神経痛を訴える患者様もいます。

症候性坐骨神経痛といい、筋肉や神経など炎症が混ざって症状に現れます。

比較的症状は弱い傾向です。

 

 

坐骨神経痛オススメ治療

当院の坐骨神経痛に対する治療は、鍼灸治療のメニューで「パルス療法」をします。

鍼通電療法ともいいます。

鍼を刺し、鍼に電流刺激をします。

 

パルス療法の対応症状

・筋肉の凝りの芯をほぐし、血液循環を改善します。

肩こり・腰痛・各スポーツによる筋肉痛。

・筋肉を刺激し、その筋肉の支配する神経も刺激され鎮痛作用がりあり、神経の興奮を抑制する効果と促進する2つの効果があります。

また、ホルモン分泌や自律神経の調節もします。

<神経の興奮抑制>

坐骨神経痛・各神経痛・ヘルニアからくる痛みなど。

<神経の興奮促進>

顔面神経麻痺・各末梢神経麻痺など。

 

当院は鍼灸治療の患者様で、坐骨神経痛を訴える患者様が多数いらっしゃいます。

坐骨神経痛を苦しむ患者様に鍼灸治療のパルス療法をやり、早期治癒に結びつけています。

また坐骨神経痛はぶり返しやすいのが特徴的なので、長時間同姿勢でいない事や椅子に座布団を引くなど日常生活のご指導もしっかりさせて頂いております。

パルス療法は、スポーツをおやりになる方にもお勧めです。

 

坐骨神経痛で悩んでいる方、鍼灸治療・パルス療法に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

詳しくはこちら→鍼灸治療

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。