夏の強い紫外線、「3つの対策」でお肌をガード

2018年07月10日

 

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

当院では、美容鍼の施術を対応させてさせて頂いております。

受診する患者様、やはり夏なので紫外線には

かなり対策をなされています。

 

紫外線はお肌を乾燥状態にし、

肌荒れ・ニキビ・シミ・たるみ・シワを発症させてしまいます。

お肌のトラブル=紫外線と言うぐらい厄介な存在ではないでしょうか。

 

しっかり紫外線対策を行っている患者でも、

やはり夏の紫外線は強く。

「うっかり日焼けしてしまう」と、お悩みをお聞きします。

 

美容鍼は、乾燥肌・肌荒れ・ニキビ・たるみ・シワへの対応・アプローチは行えますが、

根本的な紫外線対策は行えません。

 

今回は夏の紫外線に対する、3つの対策ついてご説明させて頂きます。

 

紫外線による、お肌のトラブル

 

紫外線は皮膚状の皮脂を蒸発し、バリア機能を破壊し

乾燥状態になる事で様々なトラブルを起こします。

 

特にシミに注意

皮膚には「メラニン色素」という細胞があり、

紫外線から守る効果(バリア機能)があります。

 

新陳代謝(お肌のターンオーバー)により、

アカとなり排出されますが。

 

「強い紫外線」「継続的に浴びる」「過剰な摩擦」などで、

お肌のターンオーバーの乱れとメラニン色素の過剰分泌が起き。

 

メラニン色素が皮膚状に溜まってしまい「色素沈着」が起きます。

つまり「シミ」・「黒ずみ」が発症します。

 

夏の強い紫外線、うっかり日焼けに注意

 

当院に受診する患者様、日焼け対策として

王道なんですが。

□日傘

□アームカバー

□帽子

□日焼け止め

□メイク

など。

 

夏は上記以外にも、実はもっと対策の心掛けてないと

紫外線を浴びてしまう傾向です。

 

夏の強い紫外線

1.晴れていない日

曇り空って、あまり紫外線を感じにくい為

日傘などをやらない患者様が結構おられます。

 

実は晴れの天気程ではないですが、紫外線でています。

 

※雨の天気でも、微妙に紫外線にでています。

 

2.反射

特に夏に多いのですが。

紫外線に直接当たらなくても、芝生・アスファルトの反射によって

下から間接的に浴びてしまいます。

 

3.気温低下

最近は寒暖差の変化が激しく、たまに気温が低下する日があります。

涼しいと、紫外線対策を怠るかたる患者様おられます。

気温関係なく、涼しくても紫外線はお肌にダメージ与えます。

 

強い紫外線、目に注意して下さい

最近はサングラスをつける人が増えてきましたが、

目からも紫外線が入りお肌に影響(メラニン過剰分泌)を与える傾向です。

 

その他にも、眼精疲労・頭痛などを起こしやすく

白内障の原因にもなりますので、目の紫外線対策もして下さい。

 

夏の強い紫外線は、気づかないところで肌にダメージを与えています。

上記の3つに注意して紫外線対策してみて下さい。

 

紫外線による、お肌のトラブルは美容鍼で!

美容鍼を詳しく知りたい方、こちらをクリック↓

 

※紫外線による日焼け(強い火傷みたいなものです)は、対応できません。

 

紫外線による、お肌のトラブルでお悩みの方。

美容鍼にご興味がある方

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。

 

泉町鍼灸整骨院

住所

〒277-0022

千葉県柏市泉町8ー11

柏駅南口から徒歩7分

泉町公園の斜め前

電話番号

予約制

04-7166-2627

ネット予約