混合型頭痛、鍼灸治療とヘッドマッサージで対応

2018年05月29日

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

頭痛で悩んでいる方って多いと思います。

当院でも頭痛持ちの患者様には、

鍼灸治療やヘッドマッサージで対応させて頂いております。

 

頭痛にも種類があり、有名なのは

□片頭痛

□緊張型頭痛

□群発頭痛

 

頭痛にあまり縁のない方も

片頭痛は聞いた事あると思います。

 

混合型頭痛って知っていますか。

薬・治療で、なかなかスッキリしない方、

混合型頭痛かもしれません。

 

混合型頭痛とは

2つの頭痛が混ざる、

「頭痛が移行する」という表現の方が解らないやすいと思います。

 

2つの頭痛は「片頭痛」と「緊張型頭痛」の傾向です。

 

混合型頭痛には2つパターンがあり、

①最初片頭痛 → 緊張型頭痛に移行

②最初緊張型頭痛 → 片頭痛に移行

 

各頭痛・症状事に対応する事が、

痛みの解消の道しるべとなります。

 

しかし・・・。

頭痛持ち方、ご自身がどの頭痛なのか解らない傾向です。

 

当院に来院する患者様も、

「私片頭痛ですー」

と、おっしゃいます。

 

頭痛の感じ方・症状・施術効果で、

実は緊張型頭痛の方結構おられます。

 

【片頭痛と緊張型頭痛の特徴の違い】

同じ頭痛でも、

発症原因・痛み方・対応方法が違います。

 

原因 「血管」がポイント

使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑

●片頭痛

何らかの原因で脳の血管が拡張します。

血管の近くに存在する神経を圧迫・刺激し発症します。

 

※神経=三叉神経

かき氷を食べた際、こめかみ部が「キーンっ」とした時に

刺激を受ける神経です。

 

※血管の拡張しやすい原因

□昼寝し過ぎ・休日寝すぎなど、リラックスのし過ぎ

□ホルモンバランスの乱れ

□過度な刺激(強い光・騒音)

 

●緊張型頭痛

首肩周りの筋疲労により、

血流循環の不良(血管収縮)により発症します。

 

※血流循環が悪くなる原因

□長時間同姿勢

□眼精疲労

□ストレス

 

症状 頭の痛み方

●片頭痛

血管が拡張し神経を刺激しているので、

こめかみ部が「ドクン・ドクン」と

拍動的なリズムの痛みを感じる傾向です。

 

個人差もありますが、

寝込んでしまう・嘔吐などを伴うなど

日常生活に影響を及ぼす事が多いです。

 

●緊張型頭痛

頭部全体・後頭部に

締め付けられるような痛みを感じる傾向です。

 

眼精疲労・肩凝りなどを伴う事が多いです。

 

対応方法の違い

●片頭痛=冷やすと良い

静かで暗い所で寝る、

痛み抑える薬を飲む対応が良いです。

 

※薬飲み過ぎ注意!

 

血管収縮効果があるコーヒー摂取も良いです。

 

●緊張型頭痛=温めると良い

筋疲労・ストレスを解消し、

血流循環良くする事が大事です。

 

適度な運動・お風呂などがお勧めです。

片頭痛と緊張型頭痛の簡単な見分け方

●片頭痛

運動・お風呂・マッサージにより、

余計に頭痛は酷くなる傾向です。

 

●緊張型頭痛

運動・お風呂・マッサージにより、

症状が軽減・消失。

 

混合型頭痛の当院の対応

鍼灸治療とヘッドマッサージで対応させて頂いております。

また、鍼灸特別治療コースと差別かし

頭部・首肩周り・背中のアプローチをし、

根本的改善を目指します。

 

片頭痛は大変敏感な為、

施術の刺激により悪化する場合があります。

 

片頭痛の症状がある場合は、

施術を控え頂き、

痛みが治まる・緊張型頭痛に移行したら

施術を行います。

 

混合型頭痛で緊張型頭痛の症状がある場合は、

頭部・首肩周り・背中のアプローチをします。

 

施術の継続により、

緊張型頭痛は解消しやすく

片頭痛も痛む確率は減少する傾向です。

 

混合型頭痛は少し複雑で

なかなかスッキリしにくいですが、

上手く対応する事により解消する傾向です。

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

頭痛でお悩みの方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております

頭痛のブログ

「鍼灸治療」と「日常生活習慣の見直し」で、片頭痛予防 / 頭痛薬の服用過多(薬物乱用頭痛)に注意

頭痛のお悩みの方、参考にして頂けると嬉しいです。

泉町鍼灸整骨院

住所

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

電話番号

予約制

04-7166-2627 

ネット予約