眼精疲労 鍼灸治療で改善②

2017年10月26日

こんにちは、柏市の泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

鍼灸治療で対応できる、「眼精疲労」があります。

最近は眼精疲労を軽減したく、中学・高校生の患者様が来院します。

原因は、スマートフォンのやり過ぎが多い傾向です。

眼精疲労に非常に効くツボって、お顔に多数あります。

しかし、中学・高校生の患者様に顔に鍼をアプローチするのは問題ないのですが、問診の際に顔は“NG”がでます。

当院では眼精疲労で顔にアプローチ出来ない方には、肩にアプローチし眼精疲労の解消を目指します。

 

目と肩の関係

東洋医学では「経絡」といって、ツボの連結ルートがあります。

その経絡には、目と肩(特に肩甲骨)が繋がっています。

イメージしやすい動きだと。

目を閉ながら眼球を上に向けて、まぶたを開いて下さい。

まぶたは、開かないと思います。

今度はバンザイをしながらやってみて下さい。

多数の方は、まぶたが少し開くと思います。

目と肩甲骨は連動しているので、肩甲骨に関連する筋肉・ツボを鍼灸治療する事で、眼精疲労は軽減す傾向です。

また、肩甲骨の動きを良くする事で肩こりを解消し、眼精疲労改善に結びつきます。

「肩はがし」って体操、ご存知でしょうか?

 

肩はがし

肩甲骨を動かして、肩の筋肉をほぐす体操法・ストレッチ法です。

いろいろなやり方があります。

当院お勧めの、肩はがしの指導法は。

タオルの横幅が、肩幅より拳2つ分ぐらいの長さのタオルを用意します。

タオルの端と端を持ち、バンザイして下さい。

左右の肩甲骨の内側を近づける様に、ゆっくり肘を曲げて下さい。

他には、背中で合掌する動きも効果あります。

良かったらやってみて下さい。

 

鍼灸治療は、患部位ではない部位をアプローチする事で、お悩みの症状が改善できる治療法です。

鍼灸治療の興味がある方、眼精疲労を悩んでいる方。

泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。

 

詳しくはこちら→鍼灸治療

 

□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

泉町鍼灸整骨院

〒277-0022千葉県柏市泉町8-11

04-7166-2627 <予約制>

柏駅から徒歩7分、住宅街のアットホームなお店です。