腰痛になりにくい筋力トレーニング、まずは身体の後ろから

2018年06月28日

 

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

当院には「腰痛」がお悩みで、

鍼灸治療を受診する患者様が多いです。

 

また、治療以外にスポーツジムなどで

筋肉トレーニング・ヨガなどを行い

腰痛になりくい身体作りを目指す患者様が多い傾向です。

 

ヨガを行っている患者様にはあまりないのですが

筋肉トレーニングを行っている患者様で、

 

「筋肉トレで、よけい腰が痛くなる」

「どこを鍛えていいか解らない」

などの訴えが多いです。

 

せっかく筋肉トレーニングを行うのだから、

少しでも腰痛にならないお身体になった方が良いと思います。

 

当院では、鍼灸治療以外にも腰痛対策として

ストレッチ・筋肉トレーニング方法なども

ご指導させて頂いております。

 

今回は腰痛に対しての筋肉トレーニング、

簡単なポイントをご説明させて頂きます。

 

動きによる腰痛

 

腰はお身体を動かした時に、

痛みを感じる事が多い傾向です。

 

特に多いのは、『前かがみ時』と『後ろに反らした時』です。

 

前かがみ時の腰痛

腰痛を感じる1番多い動作です。

 

前かがみ時の腰痛の原因として、

●長時間の同じ姿勢

●前かがみが多い動作

●姿勢が悪い

などで、腰を支える筋肉の低下・猫背姿勢になりやすく。

 

腰骨(腰椎)・椎間板・腰部の関節に大きな負担がかかり

前かがみ時の腰痛を感じます。

 

また、瞬発的な動作で痛めるギックリ腰なども

「座って靴下が履けない」など、

前かがみ時に強い痛みを感じる傾向です。

 

後ろを反らした際の腰痛

腰痛で後ろに反らした際の痛みは、

前かがみに比べると比較的少ない傾向です。

 

具体的な疾患で「脊柱管狭窄症」は、

後に反らすと痛みが増加する傾向です。

 

腰痛にならない為の筋肉トレーニングのポイント

腰の痛みが強い・急性など場合は安静にし、

痛みが治まってきたら筋力トレーニングを行って下さい。

 

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症なども

医師・医療従事者に相談し、慎重に筋力トレーニングを行って下さい。

 

腰痛は場合によっては、余計悪化します。

今回は、前かがみ時の腰痛の

筋力トレーニングのポイントをお伝えします。

 

筋力トレーニングを行う前に知っておいて下さい

 

上記のイラストは、背骨を横から見た場合なのですが

S字状にバランスをとって構成されています。

 

 

前かがみ姿勢の継続・猫背によって、背骨のS字状のバランスが崩れ

上記のイラストの様に重心が前方(青い点線)になってしまいます。

 

重心が前方にあると、前もも・すねなどを中心に使う為、

後方の筋肉をあまり使わないので筋肉が低下してしまいます。

 

もちろん腹筋を低下していますが、

日常生活で腹筋よりも後方の筋肉の方が使わないですし。

 

腰痛によって背・腰の筋肉が硬くなっている為、

腹筋の筋力トレーニングが上手く出来ない場合が多いです。

 

まずは、後方の筋肉のトレーニングを重視で

背・腰・殿(おしり)部・太ももの裏の筋肉のトレーニングを

先に行う事をお勧めします。

 

腹筋のトレーニングを行い場合は、

インナーマッスルの腸腰筋のトレーニングをお勧めします。

※大腰筋・腸骨筋を合わせて、腸骨筋

 

腸腰筋は骨盤を支える重要な筋肉で、

トレーニングも激しく動かなくても負荷がかかりやすく

腰痛・猫背解消の筋肉です。

 

筋肉は1回やったからといって、直ぐにはつきません。

無理をせず継続的に行う事が腰痛防止の身体作りです。

 

また、筋力トレーニングも間違ったやり方で行うと

効果がでにくいので。

ジムのトレーナー・医療従事者に習う事をお勧めします。

 

腰痛でお悩みの方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方、こちらをクリック↓

 

腰痛のブログ

腰痛の原因は、日常生活習慣にある

ストレスからくる腰痛、鍼灸治療で改善

朝起きると腰痛、「鍼灸治療」と「寝方変更」で改善

参考にして頂けると嬉しいです。

泉町鍼灸整骨院

住所

〒277-0022

千葉県柏市泉町8ー11

柏駅南口から徒歩7分

泉町公園の斜め前

電話番号

予約制

04-7166-2627

ネット予約