顎関節症、頭痛・肩こりを伴う

2018年05月27日

 

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

鍼灸治療を受診する患者様で、

「顎関節症」で来院される場合があります。

 

顎関節症の主症状は、

顎が痛い・開口時痛・開口時の雑音など。

 

顎を中心とした症状を感じるのですが、

実は顎の単独的な症状が少なく。

頭痛や肩凝りを伴う事が多い傾向です。

 

当院の顎関節症に対する鍼灸治療は、

【鍼灸特別治療コース】と差別化し。

 

顎以外に、頭部や首肩周りをアプローチする施術を

提供させて頂いております。

 

額関節症とは

顎関節部になんらかの原因で、

□関節痛 (顎が痛い)

□開口障害 (口が痛みで開かない)

□顎部雑音 (特に閉口時に“ジャリジャリ”と雑音がする)

 

などの症状を感じ他の疾患が疑われない場合、

顎関節症と診断される傾向です。

 

額関節の構造

 

人間の関節は、

凸凹で構成されます。

 

顎関節の場合、

側頭骨と下顎骨で構成されています。

 

凹の役目である側頭骨の下顎窩と、

凸の下顎骨の下顎頭で構成されています。

 

原因

□噛み合わせが悪い

 

□ストレス

ストレスにより、

「噛みしめが強い」・「はぎしり」などで

顎関節の炎症が起きます。

※当院にはストレスが原因で

来院される患者様が多い傾向です。

 

□顎に負担をかける日常生活習慣

・うつ伏せで寝る

・頬杖をつく

・スマートフォン使用・パソコン作業時に下を向く

などを繰り返す事で、関節や周囲の筋力に負担をかけ

炎症が起きます。

 

頭痛・肩凝りを伴うメカニズム

 

顎関節症の患者様は、

顎の痛みの他に「頭痛」・「肩周り」を訴える事が多い傾向です。

 

自律神経のバランスの乱れ

上記でも記述したのですが、

原因がストレスで起きる事が多い為

自律神経のバランスの乱れてしまいます。

 

自律神経の乱れる影響で、

睡眠時に「強く噛みしめる」・「歯ぎしり」などを行ってしまい、

側頭筋(こめかみ)や首肩周りの筋肉に

強い負担がかかります。

 

睡眠時に行う為、

起床時に頭痛や肩こりを感じる事が多い傾向です。

 

顎関節にも負担が強くかかっている為、

悪化の原因にもなります。

 

筋スパズムにより

 

 

顎関節症は関節部・側頭筋・咬筋などに

継続的に強い痛みを感じます。

 

生理現象で痛む部位から脳に痛みの反射が伝わり、

顎と頭部・首肩周りの筋肉と神経は伝導している為。

 

脳から顎の周囲に対して

筋肉の痛み・硬直を起こす命令をだす傾向です。

 

鍼灸治療

 

当院では鍼灸治療で対応させて頂いております。

 

顎、頭痛・肩凝りの両方の症状に対してアプローチが可能な為、

額関節症は解消しやすい傾向です。

 

顎周囲の筋肉をアプローチ

顎が痛い、口を開けづらいなどで、

顎周囲の筋肉に負担が強くかかります。

 

患者様によっては、

左右の筋肉のバランスが悪くなり

顔が歪む場合もあります。

 

当院では、額関節症に関係がある

側頭筋・咬筋・内側翼突筋・外側翼突筋に鍼でアプローチし、

顎の負担を解消します。

 

・頭痛・顎の痛み・開口時痛も解消しやすく、

お顔の歪みも消失しやすいです。

 

自律神経のバランスの乱れを正常化

当院の額関節症の施術コース鍼灸特別治療は、

首肩周り・背中もアプローチし

自律神経の乱れを正常に戻しやすくします。

 

リラックス効果もあり質の良い睡眠ができ、

寝る際の顎の負担軽減に繋がります。

 

当院では顎だけのアプローチではなく、

必ず頭部・首肩周り・背中のアプローチし、

額関節症の根本的改善を目指します。

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック

 

額関節症でお悩みの方。

鍼灸治療に興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。

 

額関節症のブログ

顎関節症でのお顔の歪み、鍼灸治療で改善 /顎関節症には、鍼灸治療がお勧め

額関節症でお悩みの方、参考にして頂けると嬉しいです。

 

泉町鍼灸整骨院

住所

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

電話番号

予約制

04-7166-2627 

ネット予約