顎関節症の予防、鍼灸治療に効果あり!

2018年06月13日

 

こんにちは。

柏市の、泉町鍼灸整骨院の清田です。

 

当院に頭痛・肩凝りなどで、

鍼灸治療を受診する患者様にお話を聞いていると。

 

「集中時、噛みしめる癖がある」

「就寝時、身内に歯ぎしりが凄い」

「肩凝りが酷くなると、顎も痛くなる」

などの訴えが多い傾向です。

 

顎関節への負担は常にかかりやすく、

顎関節症になりやすい傾向です。

 

当院では、鍼灸治療・ヘッドマッサージなどで

顎関節症の予防目的の施術アプローチを行っています。

 

顎関節症の予防方法

顎関節症になる原因として、

歯ぎしり・食いしばりの癖・咀嚼筋の凝り・噛み合わせ悪いなど、

ストレスや日常生活習慣が多い傾向です。

マウスピースで予防

 

鍼灸治療の経験者・好感者以外の方は、

顎関節症への痛み・痛みを感じた際

歯医者さんに行くと思います。

 

※鍼灸治療未経験者で、顎関節症で最初の治療で

当院に来院したら私もちょっと”ビックリ”します。

 

歯医者さんの対応方法は、

マウスピースを使って予防する事が多い傾向です。

 

睡眠時マウスピース装着によって、

□食いしばり・強い噛みしめの防止

□噛み合わせを良くする

などにより。

 

歯・顎関節の負担を軽減し、

顎関節症解消を目指します。

鍼灸治療で予防

 

1.咬筋・側頭筋・表情筋の凝り軽減

※咬筋・側頭筋は、下顎骨を持ち上げる筋肉

 

顎関節周囲の筋肉に、繰り返しの負担がかかる事により

顎関節症が発症しやすくなります。

 

<筋肉が負担がかかる原因として>

□顎関節の動きの左右非対称性

顎関節は左右にある為、左右対称に関節運動を行われますが

顎関節の動きは複雑な為。

 

日常生活習慣の癖・歯並びのアンバランスなどにより

関節運動が非対称になりやすく、

顎関節周囲の筋肉に負担がかかります。

 

□無意識な日常生活習慣

●睡眠時の歯ぎしり

●噛みしめが強め(睡眠時・集中時)

●食べ物を食べる際、いつも片方の顎で噛む

などにより、顎関節周囲の筋肉に負担がかかります。

 

<咬筋・側頭筋・表情筋の凝り軽減する事によって>

●スムーズに顎関節が動きやすくなる傾向です。

●血液循環が良くなり、痛み・炎症がなりにくくなります。

●左右の筋肉のバランスが良くなり、お顔の歪み(例:ほうれい線左右非対称)解消。

などの効果で、顎関節症の予防を目指します。

 

2.顎関節以外へのアプローチで予防

お身体の動作でも、必ず日常生活での癖があります。

その為、首肩周りの筋肉・頭皮など凝ってしまい

顎関節症に引き起こすケースがあります。

 

※当院に来院する顎関節症の患者様で。

首肩周りの凝り・頭痛などを伴う事が多い傾向です。

 

首肩周り・背中をアプローチする事で、

間接的な顎関節の負担軽減や

自律神経のバランスの安定により

主な原因となるストレス軽減と繋がります。

 

また、頭皮に対しても

ヘッドマッサージを行う事により、

原因筋である側頭筋の凝り解消や

ストレス軽減し間接的に顎関節の負担軽減に繋がります。

 

鍼灸治療を詳しく知りたい方は、こちらをクリック↓

 

マウスピースが合わない

歯医者さんでマウスピースを作ってもらう、

ご自身でネットなどで取り寄せるなどで

顎関節症の行う事で。

 

上手くご自身に合うマウスピース装着出来れば良いのですが、

どおしても、装着により。

 

「痛い」

「合わない」

「呼吸しずらい」

「眠れない」

「面倒くさい」

などで、鍼灸治療に移行する事があります。

 

マウスピースは、色々種類があり。

お値段も高い物から安い物まで。

日本製から外国製。

スポーツ用から、噛み合わせや顎関節の負担軽減用まで。

しっかりご自身に合った、マウスピースを装着する事が大変重要です。

 

鍼灸治療により顎関節症の予防は十分可能ですが、

鍼灸治療と睡眠時ご自身に合ったマウスピース装着で

より顎関節症の予防になる傾向です。

 

顎の違和感、顎関節症でお悩みの方。

鍼灸治療にご興味がある方。

泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。

 

額関節症のブログ

顎関節症、頭痛・肩こりを伴う

顎関節症でのお顔の歪み、鍼灸治療で改善

参考にして頂けると嬉しいです。

 

泉町鍼灸整骨院

住所

〒277-0022 

千葉県柏市泉町8-11

柏駅南口から徒歩7分

住宅街のアットホームなお店です。

電話番号

予約制

04-7166-2627 

ネット予約