「むくみ」・「たるみ」、お顔の凝りが原因

2019年01月28日

 

お顔のお肌の、「たるみ」「むくみ」お手入れしていますか?

 

たるみ・むくみは、進行しますと。

ほうれい線・シワが濃くなるなど、お顔の見た目年齢が増えやすい印象を与えやすくなります。

その為、お悩みになっている方は多い傾向です。

 

泉町鍼灸整骨院にも柏市内外・男性女性など、様々なお客様が来られています。

当鍼灸整骨院では、美容鍼でアプローチさせて頂いております。

 

今回は、たるみ・むくみを起こしやすい原因をご説明させて頂きます。

お悩みの方、参考して頂けると嬉しいです。

 

お顔の凝りがポイント

今回は、たるみ・むくみの原因

お顔のたるみ・むくみの原因は、お顔の凝り・疲れでなる事が多いです。

また、習慣的なお顔の表情が関わる事が多い傾向です。

 

表情筋

日々の生活で目・口・鼻を動かし、喜怒哀楽をお顔にだします。

表情を表す際に中心に使う筋肉、「表情筋」があります。

 

表情筋は加齢などで衰え、シワ・たるみの原因になりますが。

比較的若い年齢の方も、シワ・たるみ・ほうれい線を気にする場合があります。

 

作り笑顔

愛想笑いともいいます。

 

接客業以外に当鍼灸整骨院ですと、美容師・保育士・看護婦などの、多種の職業のお客様が

「めっちゃ愛想笑いしています!」と、おっしゃいます。

 

作り笑顔は純粋の笑顔と違い不自然に目を動かし、口元はあまり動いてないのが特徴です。

つまり表情筋を全然使っていなく、無表情な傾向です。

 

お顔は肩とは違って無表情など表情筋を使わないと、凝ってしまい「たるみ」・「むくみ」になります。

また、継続的に作り笑顔をしているとストレスがたまり自律神経のバランスの乱れ、

お肌のターンオーバー周期が遅れ、お肌のトラブルの原因にもなります。

 

無表情な日常生活習慣

1番多いのが、お仕事でパソコンを長期間使用していると無表情な時間が多いです。

 

スマートフォンの長時間使用も、同じだと思います。

お顔の凝りは筋肉が少ない為、自覚症状にでにくく見逃しやすく。

気づいた時には「たるみ」・「むくみ」・「ほうれい線」「老け顔」になっている事が多いです。

 

リンパの循環が悪くなる

お顔には多数リンパが流れています。

お顔が凝ると、血流・リンパの循環が悪くなりお顔がむくみやすくなります。

 

特にリンパは老廃物などを流す「排泄機能」がある為、滞る事により、お顔の「むくみ」・「たるみ」やすくなります。

 

リンパの循環が悪くなる事で、お顔のたるみ以外に「シミ」「くすみ」の原因にもなります。

 

泉町鍼灸整骨院

むくみ・たるみのお悩み、美容鍼でアプローチさせて頂いております。

 

柏市の泉町鍼灸整骨院の美容鍼は、詳しくコチラをクリック↓

 

柏市の泉町鍼灸整骨院のネット予約はコチラをクリック↓