くすみを軽減して、新しい環境のスタートの第一歩に

2022年03月22日

くすみ美容鍼で対応

3月後半になり、柏市も日々の寒暖差が激しい日が続きますね。
寒暖の差は新陳代謝や血液循環が乱れやすく、お身体のトラブルを起こしやすいです。

その影響のせいか泉町鍼灸整骨院の美容鍼を受けるお客様からも、お顔のくすみのお悩みが多いです

くすみは、老け・不健康・透明感がないなどの印象を与えやすく。
何とかしたいお悩みですね。

また、くすみは何通りか原因があり。
それぞれ特徴や対策が違う為、違いを知るだけでも予防に繋がると思います。

今回は、お顔のくすみについてご説明させて頂きます。

くすみとは?

正常な顔色よりも、薄暗い状態。
「顔色がパッとしない」「透明感がない」といった印象を与える傾向です。

また、お顔のくすみは特徴として大きく3つに分類されます。

📒くすみの3つの特徴

1.乾燥型
2.循環不良型
3.角質型

それぞれの特徴をご説明致します。

乾燥型

お肌の防御機能低下

乾燥状態によって、お肌の防御機能が低下し。
それをカバーする目的でどんどん角質が分厚くなり、くすみに繋がります。
特にクレンジングによる摩擦・乾いた空気による乾燥が主な原因に。

✐対策

●即座に潤い作用がある、シートマスクやパックを使用する
●加湿器などを利用し、マメな保湿を心掛ける

循環不良型

疲労によるくすみ、美容鍼でご対応

悪い血液の滞り

頭皮のこり・眼精疲労・ストレス過多・冷えなどで血液循環不良になり、お顔の血色が悪くなります。
個人差もありますが、目の下の青いクマになる場合もあります。

✐対策

血液循環良好を目的に
●お風呂でよくお身体を温める
●ストレッチや有酸素運動を行う
●生姜湯や白湯などを摂取

角質型

お肌の新陳代謝低下

お肌のターンオーバー周期が乱れる事が大きな原因で、角質が厚くなり。
厚くなったお肌はメラトニン細胞が多く、曇った様なくすんだお肌に見えてしまいます。

✐対策

角質ケア・ターンオーバー周期の整えが目的
●酵素洗顔
●ピーリング(AHA配合)
●十分な睡眠時間確保

その他に、日焼けによる色素沈着・ニコチン・糖化などでもくすみに繋がる傾向です。

泉町鍼灸整骨院のご対応

お顔のくすみ、美容鍼でご対応

お顔のくすみのお悩みには、ターンオーバー周期の正常化、保湿作用を目的に美容鍼をご提供しています。

また、頭鍼や美容灸を併合しお顔全体の血液循環良好を目指します。

最後に

柏市もついに春の到来ですね。
この時期は、部署の移動・新しいママの出会い・クラス替えなどに向けて美容鍼を挑戦するお客様が多い傾向です。

新しい環境のスタートに、くすみ対策として美容鍼挑戦してみませんか?
くすみのお悩みの方、ご予約お待ちしております。

この記事を書いた人

【資格】はり・きゅう師 / 柔道整復師
【一言】お身体の痛みから美容のお悩みまで、生活習慣に役立つ情報をお届けします。
プロフィールはコチラ

関連記事