マスク装着が原因による、ニキビについて

2021年07月30日

柏市も猛暑が続き。

マスク装着が苦しくなってきましたね。

 

泉町鍼灸整骨院では、最近お肌のお悩み増えております。

特に多いのが、「マスク装着によるニキビ」です。

※ニキビのお悩み、美容鍼でご対応しております。

 

今後マスク装着はまだまだ続きそうなので、しっかりとお肌のケア・対策が必要になってきますね。

今回は、マスク装着にニキビについて簡単にご説明させて頂きます。

原因

マスク装着によるニキビの原因は。

●毛穴の詰り

●蒸れ

●摩擦 

主に3つあります。

 

その他では。

マスク装着したほこりが、皮脂と合わさりニキビの原因になります。

毛穴の詰り

角質・皮脂・菌(主にアクネ菌)が、毛穴に詰ります。

蒸れ

特に汗をかき蒸れる事で、アクネ菌の増殖・皮脂過剰分泌によって。

毛穴が詰りニキビができます。

また、蒸れる事で汗・皮脂がお肌のかぶれにも繋がりかねません。

乾燥

蒸れの反対で、マスク装着で乾燥肌に繋がる場合もあります。

マスクの布が必要な皮脂を吸収し、乾燥肌と繋がる事も。

摩擦

サイズが自分に合わないと、摩擦が起きニキビができやすいです。

特に小さ過ぎるマスク装着は、頻繫に摩擦が起きやすい傾向です。

マスク装着によるニキビの種類

ニキビには、見た目の色で状態が解る傾向です。

白ニキビ

●黒ニキビ

赤ニキビ

黄ニキビ(マスク装着によるニキビでは、できにくいので今回はご説明しません)

○白ニキビ(小さい)

まだ初期のニキビなどで、しっかりケアすれば綺麗に消失する傾向です。

皮脂・角質が毛穴に詰まって出来やすく、放置すると腫れて目立つ状態へと進化します。

●黒ニキビ

白ニキビと一緒で初期のニキビであり、しっかりケアすれば早く消失する傾向です。

ほこり・角質・皮脂が詰って出来やすく、詰まった物が空気と混じり合うと酸化し黒いニキビとなります。

赤ニキビ

白・黒ニキビが進んだニキビです。

炎症し腫れを伴い、マスクでお肌に負担がかかりやすい頬骨部位・顎下(フェイスライン)にできやすいです。

 

放置するとニキビ跡が残りやすいので、しっかりとケア・処置が必要です。

潰さないで下さいね、クレーターなどニキビ跡になりやすいです。

※特に男性のお客様は黒・白ニキビに気づかず、赤いニキビなってから気づかない傾向ですのでご注意下さいね。

赤みが残る

赤ニキビが治まっても、赤みが残る場合があります。

赤みがある部位は、色素が沈着しやすくシミに変化する場合があります。

シミに進行をしないように適切なケア・施術を行い、お肌をターンオーバー周期正常化の状態にする必要があります。

マスク装着によるニキビの対策

真夏は、マメに装着するマスクを替える事が重要です。

洗顔もしっかり泡立て優しく丁寧に行って下さい。

 

特に摩擦が起きやすい、頬骨・顎下を意識して洗顔して下さい。

※汗によるベタベタが不快で、擦る様に洗顔は行いで下さい。

 

マスク自体も、サイズが合う・肌に優しい物を装着する事も大きなポイントです。

まストレス・睡眠・食生活等も重要ですので、日常生活習慣の見直して下さいね。

泉町鍼灸整骨院では

マスクの装着によるニキビには、美容鍼でご対応しております。

お肌のターンオーバー周期正常化・ニキビ患部の血液良好化を目的に、ニキビ軽減を目指します。

 

マスク装着以外に、腸内環境不良によってニキビもできる傾向です。

美容鍼のオプションメニューで、腸内環境良好を目指す腸セラピーもご提供しております。

 

柏市はまだまだ暑く、マスク装着によるニキビが出来やすい傾向です。

お悩みの方、是非美容鍼のご予約お待ちしております。