咬筋(エラ)をほぐして「小顔」に!

2019年02月8日

柏市はまだまだ寒いですが、春も少しづつ近づいています。

春のイベントに向けて、小顔になりたい方多いのではないでしょうか?

 

泉町鍼灸整骨院では、小顔に対して美容鍼の対応をさせて頂いております。

お客様の訴えでは。

「顔が前より大きい」

「顔がパンパン」

「エラが張る」

など。

お身体は瘦せているのにお顔が大きく目立ってしまう場合があります。

 

特に頬の部位が太る・パンパンな方は、

「脂肪」「たるみ」「むくみ」以外に大きな原因がある傾向です。

 

それは、『咬筋(エラ)の過剰な凝り』です!

咬筋が凝る・エラが張ると、お顔が大きい印象を与えやすい傾向です。

 

お顔が大きな印象を与える、咬筋の過剰な凝りについてご説明させて頂きます。

咬筋とは

 

咬筋は、咀嚼筋の1つです。

※咀嚼筋とは、開口・閉口を行う際に作用します。

 

咬筋の働き

下顎を主に関係性があり、2つの働きがあります。

1.下顎を挙げる

2.下顎を前方にだす

主に閉口時・食物を噛む際に使います。

 

咬筋に位置

グーっと、奥歯を噛んだ際にエラの少し盛り上がる部位です。

下顎の縁から頬骨まである為、お顔の中では比較的大きい筋肉です。

 

咬筋が凝る原因

 

咬筋が凝る・エラが張るなどは、普段の日常生活の習慣で起こりやすく

特に2つの習慣が大きな原因となる傾向です。

1.強い食いしばり

2.頻繫に硬めの食べ物を食べる

 

1.強い食いしばり

就寝時に強く食いしばってしてしまう方が多い傾向です。

就寝時の食いしばりの他に、歯ぎしりも咬筋の凝りに繋がります。

 

食いしばりは、就寝時以外にも何か作業中の集中時にも行われてる事が多く。

例えば、パソコン作業中やスマートフォンの使用時など。

 

食いしばり・歯ぎしりの原因は、ストレスと言われており

顎関節の痛み・頭痛にも注意が必要です。

 

2.頻繫に硬めの食べ物を食べる

食事の際、比較的硬めの食物を噛む習慣の方は

咬筋が凝る傾向です。

 

咬筋が凝りやすい・エラが張りやすい方は、硬い食物を

控える事をお勧めします。

 

泉町鍼灸整骨院

当鍼灸整骨院の美容鍼では、咬筋に対して直接アプローチなど行い対応させて頂いております。

 

柏市の泉町鍼灸整骨院の美容鍼を詳しく知りたい方、こちらをクリック↓

 

咬筋の凝り・エラの張りでお悩みの方。

美容鍼に、ご興味がある方。

柏市の泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。