男性に多い脂性肌について

2019年06月26日

こんにちは。

柏市これから梅雨突入みたいですが。

 

実はこの時期、泉町鍼灸整骨院には美容鍼を受ける

男性のお客様が増加する傾向です。

 

ご来院する男性のお客様で、

「顔の油が凄い」

「顔がテカってしまう」

「夕方、顔がベタベタする」

などの、脂性肌(オイリー肌)のお悩みが多い傾向です。

 

女性・仕事場の取引先からなどのネガティブな印象を与えやすく、

改善・解消したい症状の1つだど思います。

今回は男性の脂性肌の詳細について、ご説明させて頂きます。

脂性肌(オイリー肌)の原因

 

お顔のお肌が乾燥状態にあると、必要以上に

大量の皮脂が分泌され『脂性肌』が発症してしまいます。

 

皮脂は決して悪い物ではなく、

”皮膚状の水分蒸発防止“・”お肌のバリア機能“などの効果があります。

 

ただ何らかの原因で、必要以上に大量分泌してしまうと

毛穴が目立つ・ニキビなどのお肌のトラブルが発生する傾向です。

 

特に、男性は皮脂の大量分泌が多いと言われいます。

ホルモンバランスの乱れ

皮脂を大量に分泌作用がある、『ジヒドロテストステロン』という

男性ホルモンが存在します。

 

特に思春期や、大人の場合は不規則な日常生活習慣・ストレスなどで、

ホルモンバランス乱れる傾向です。

(ホルモンバランス乱れる=ジヒドロテストステロンが大量分泌)

 

その反応で、過剰に皮脂が分泌し「皮脂肌」になります。

※大人は、ホルモンバランス乱れ以外にも原因多数

誤った洗顔習慣

男性の患者様に、洗顔方法をお聞きすると

「とりあえず、毎日洗顔します!」

という、意見を多くお聞きします。

 

●お風呂ついでの温度の高いお湯で洗顔

●雑にゴシゴシ擦る洗顔

●外食の際のおしぼりお顔を拭く

など、男性がよく行う行動だど思います。

 

実はこの行為『皮脂大量分泌のスパイラル』にはまってしまいます。

皮脂はお肌のバリア機能の役割をしている為、最低限必要な存在です。

 

上記3つの行為は、皮脂を過剰に除去してしまう傾向で

お肌が乾燥状態になり、バリア機能が必要で余計皮脂が大量分泌してしまいます。

皮脂を分泌させやすい食生活

皮脂の成分は、中性脂肪が中心です。

だんだんお年を重ねていくと、意識する言葉だと思います。

 

動物性脂肪(脂身の多い肉・チーズ・卵など)、アルコールなどを

必要以上に継続的に摂取する。

また運動不足などで、中性脂肪は肝臓で蓄えられ

皮脂が大量分泌する傾向です。

泉町鍼灸整骨院による対応

 

脂性肌は、お肌のターンオーバー周期が乱れいる傾向です。

皮脂により毛穴がつまり、ニキビなども発症しやすくなります。

 

泉町鍼灸整骨院では、乱れたお肌のターンオーバー周期を正常に戻す目的に

美容鍼でご対応させて頂いております。

 

美容鍼を詳しく知りたい方は、こちらをクリック↓

 

お客様が出来る事

□洗顔方法

1.1日に何回も洗顔しない事、朝と晩の2回で十分です。(学生に多い傾向です)

2.激しく洗顔しない事、泡で優しく洗顔して下さい。

3.ぬるま湯で洗顔して下さい。

 

□日常生活習慣

1.質の良い睡眠を。

2.継続的に運動をして下さい。

3.なるべくビタミンを摂取して下さい。 (皮脂調節効果があります)

 

1日1日洗顔方法を気をつける事で、脂性肌になりにくいお肌になる傾向です。

 

「脂性肌でお悩みの方」

「美容鍼に興味がある方」

柏市の泉町鍼灸整骨院に、ご予約お待ちしております。

ネット予約