若い世代の方の「ほうれい線」について

2019年02月27日

こんにちは。

2月も後半になり、柏市も少しずつ暖かくなり。

特に若い世代の方は、外出するイベントが増えてくるのではないでしょうか?

 

泉町鍼灸整骨院の美容鍼を受ける、比較的ご年齢が若いお客様も多い傾向です。

最近、年齢が若いお客様で、「ほうれい線が気になります」

と、お悩みを多くお聞きします。

 

ほうれい線はご年齢を重ねた方に多いイメージですが、実は若い方にも発症します。

ほうれい線は老けた印象を与えやすいので、薄くしたいですよね。

 

今回は「若い方のほうれい線」について、ご説明させて頂きます。

参考にして頂けると嬉しいです。

 

若い方のほうれい線

ほうれい線とは。

頬たるんでしまい、鼻から口の外側に八の字の線ができます。

実はシワではなく、線です。

 

その他にも、お顔の線できてしまうトラブルは。

目の少し下部にある『ゴルゴ線』。

ほうれい線の延長上、顎の外側に『マリオネットライン』などがあります。

 

原因

若い方は大きく2つの原因でできる傾向です。

□日常生活習慣

□お肌のターンオーバー周期の乱れ

 

日常生活習慣

若い方は、日常生活習慣の影響できる事が多い傾向です。

習慣で表情筋の低下が、1番の問題です。

 

低下原因として・・・。

1.食事の際、無意識に片側だけで噛む。

2.柔らかい食べ物ばかり食べる。

3.無理なダイエット

4.頬杖をつく

5.寝る際に横向きの姿勢

などが、多い傾向です。

 

その他にも当院に来院する『額関節の痛み』のお客様も。

過度な噛みしめ・歯ぎしりの影響でほうれい線ができる場合もあります。

 

ターンオーバー周期の乱れ

お肌には『コラーゲン』といって、お肌のハリ・弾力効果があるタンパク質が存在します。

 

1番多いのが紫外線による乾燥で、お肌にダメージを与えしまいターンオーバー周期が乱れてしまいます。

乱れる事によりコラーゲンが減少し、頬などがたるんでしまいほうれい線ができてしまいます。

 

ほうれい線を薄くするには

泉町鍼灸整骨院では、ほうれい線に対して。

「お肌のターンオーバー周期を正常化」を施術目的に。

美容鍼で対応させて頂いております。

 

また、普段の日常生活習慣を見直す事も非常に重要です。

 

美容鍼を詳しくコチラをクリック↓

 

ほうれい線がお悩みの方、柏市の泉町鍼灸整骨院にご予約お待ちしております。