鵞足炎を軽減して、楽しくスポーツを

2022年03月26日

鵞足炎

柏市最近気温が10℃代後半まで上昇し、スポーツを行いやすい気候になりましたね。
スポーツやトレーニング愛好者の方で、膝の内側が痛くなる事ありませんか?

膝の内側面が痛い場合、「鵞足炎」の可能性があります。
泉町鍼灸整骨院でも鵞足炎お悩みが多く、スポーツ愛好者で特に女性のお客様が多いです。

また、鵞足炎には鍼灸療法で施術を行います。
今回は、鵞足炎についてご説明させて頂きます。

鵞足炎とは

鵞足炎の詳細

縫工筋・薄筋・半腱様筋で構成されています。
3つの筋肉の腱が交わった部位が“アヒル”の足に似ている為、鵞足と名称されています。

ランニングを行った際に痛めやすいと言われていますが。
ジムでのトレーニング、日常生活習慣で階段の昇り降りが多いなど。

様々な原因で鵞足部を痛めやすい傾向です。

痛める原因

主な原因は、膝関節を頻繫に曲げ伸ばしを行う事で。
『隣接する骨(膝やスネ)と擦れ摩擦が発し、その影響で炎症が起きます』

📒特に骨との摩擦が起きやすい原因

✅疲労困憊
✅過剰な運動量
✅X脚

X脚は鵞足炎になりやすい

鵞足炎、鍼灸療法でご対応

X脚は両膝の内側部が内側に寄り、内くるぶしが離れてしまいます。
生理的に膝内側部に負担がかかりやすく、鵞足炎に繋がる傾向です。

✐こんな人はX脚かも

●女の子座り・脚を組むなどの癖がある
●外反母趾
●内股歩き

鵞足炎を発する過程

気づいた時には、結構悪化している事が多いです!

✋痛み初め
●最初は膝を曲げ伸ばした際に、引っ掛かりを感じスムーズに動かしにくい
●時間の経過と共に、スムーズに動かせる
●休憩すると、痛みがおさまる
●鵞足部位を圧すると、痛気持ちいい

練習量の調整が必要です。
十分なアップやストレッチを行い、膝内側に負担が掛かるフォームで行っていないか確認。

一般の方は外出や通勤の際は階段などを使用せず、エスカレーターなどを使用し負担を減らす。

👎痛みが悪化
●動き始めから痛く、時間が経っても痛みが軽減しない
●鵞足部位を圧すと、強く痛む
●痛みで動くのを、ストップしてします
●膝の曲げ伸ばしが痛く、運動できない

動き始めに鵞足に痛みを感じる場合や、悪化する欄に当てはまる方は
トレーニングを中止し、施術を受けに行く事をお勧めします。

関節の炎症と似ているのでご注意を!

膝の関節の炎症も歩行痛や膝部内側に圧痛があり、鵞足炎の特徴と似ていますが。
圧痛部位が異なります。

鵞足炎

📒圧して痛みで判断
●関節の炎症は、膝蓋骨(お皿)から約指2本分内側
●鵞足炎は、膝蓋骨(お皿)から約指4・5本分内側

施術の際、アプローチする筋肉や処置方法が異なる為
痛みが強い時は、ご自身で判断するのは注意が必要です。

泉町鍼灸整骨院でのアプローチ

鵞足炎、鍼灸療法でご対応

鵞足炎には、主に鍼灸療法を行います。
縫工筋・薄筋・半腱様筋の負担軽減を目的に、鵞足部位の炎症軽減を目指します。
お客様の生活様式に合わせて、様々なアプローチ方法でご対応しております。

・鍼にパルス療法(筋肉負担軽減目的)
・キネシオテーピング固定(筋肉負担軽減目的)
・医療器械(炎症軽減目的)
※パルス療法:電気刺激

鵞足炎の誰でも出来るオススメのストレッチ

太ももの内側と裏側の筋肉を伸ばす事が大事です。
トレーニングの前後、入浴後に行って下さい。

太ももの裏側を伸ばす

鵞足炎のストレッチ

①痛い方の裏側を伸ばす
②伸ばした同側の手を、足の指に近づけます
③曲げた脚の膝の外側面を、床から離れないようにして下さい
※両脚行って下さい

太ももの内側を伸ばす

鵞足炎のストレッチ

①あぐらをかぎます
②足裏をつけ、両手でしっかり固定します
③足方向に頭部を近づけます

最初は30秒~1分位行い、慣れてきたら徐々に行う時間を増やして下さい。
継続する事で、鵞足炎の防止や早期回復に繋がる傾向です。

最後に

柏市では学生の部活の大会、市民のマラソン大会などが徐々に行われている為。
鵞足部位の痛みで、お越し頂くお客様が少しずつ増えてきました。

実は、私も学生時代に鵞足炎を経験した事があります。

その時はあまり適切に施術を受ける環境がなかった為、痛みが軽減するのに少し時間がかかった記憶があります。

現在は鍼灸療法や適切な医療器械などがあり、比較的早く痛みが軽減する傾向です。

鵞足炎でお悩むの方、問い合わせお待ちしております。

関連記事