ニキビは、腸内環境を整える事が大事

2019年01月15日

年も明け、柏市はまだまだ乾燥が厳しい日が続いていますが。

お顔のお肌の調子どうですか?

 

泉町鍼灸整骨院の美容鍼を受けるお客様、「ニキビ」のお悩み多いです。

年末年始での食生活・疲労・ストレスなどで、日常生活習慣が大きく変化し

お肌の不調が起きやすい傾向です。

 

ニキビをお悩みのお客様、スキンケアを一生懸命頑張りますが。

スキンケア以外に、当鍼灸整骨院では「腸活」をご指導させて頂いております。

 

今回は、腸活とニキビの関係性をご説明させて頂きます。

 

腸活とは

腸内環境を整える事です。

暴飲暴食・ストレス・疲労・寒さなどの冷えなどにより、腸内環境が乱れ下痢・便秘になり。

ニキビの発生と繋がります。

 

大きく3つの菌がバランスを保っている

腸内多数の常在菌が存在し、大きく3つ分類されます。

●善玉菌

●悪玉菌

●日和見菌

この3つのバランスを保っている事が、腸内環境が整っている状態です。

 

善玉菌

有用菌と呼ばれ、良い菌です。

腸の状態良くし、蠕動運動など消化や吸収を促進するなどの働きがあります。

病原菌を生まれにくくします。

 

悪玉菌

有害菌とも呼ばれる、悪い菌です。

有害物質を作りだし、全身に巡り体調を壊す原因となります。

また、食中毒などに大きく関わったりする常在菌です。

 

日和見菌

常在菌のほとんどが、日和見菌です。

善玉菌と悪玉菌のどちらかが、優位なった菌と同じ働きをするのが特徴です。

 

ニキビが消えやすくするには

簡単に言うと、善玉菌を増加させる事です!

 

善玉菌が増加する事で腸内環境が良くなり、便秘・下痢が無くなり。

ニキビが消えやすくなります。

 

善玉菌を増加

善玉菌は、ビフィズス菌・乳酸菌があります。

ビフィズス菌・乳酸菌が多く入っている食物を摂取する事が重要です。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌=オリゴ糖と言っても過言ではないです。

オリゴ糖はゴボウ・玉ねぎなどで摂取できますが。

液体状で売っていますので、コーヒーなどに砂糖の替わりに混ぜて摂取する事をお勧めします。

和食などの低脂肪・高食物繊維の食事などにも多く入っています。

 

乳酸菌

きのこ類・納豆などに多く含まれています。

 

ちなみに…。

悪玉菌には、ウェルシュ菌・ブドウ球菌があり。

洋食の高脂肪・高蛋白質の食事に多く入っています。

 

ニキビのお悩み方。

善玉菌を増やし、腸内環境を整える食生活をおくりましょう!

 

腸に負担をかけない、日常生活を

環境によっては腸に負担がかかり、ニキビの発生に繋がる場合があります。

 

●冷えてしまう

お風呂にしっかり入浴や温野菜摂取し、お身体を冷やさない様にして下さい。

寒い時期に冷えてしまうと、腸の蠕動運動が弱まり便秘になりやすくなります。

 

●ストレス

ストレス・疲労により、自律神経のバランスが乱れやすく。

下痢・腹痛などが起こりやすくなります。

しっかり休養・リラックス・質の良い睡眠などをとる事が重要です。

 

泉町鍼灸整骨院

ニキビなどのお悩み、美容鍼で対応させて頂いております

詳しくコチラをクリック↓

 

柏市の泉町鍼灸整骨院のホームページは、コチラをクリック

柏市の泉町鍼灸整骨院のネット予約は、コチラをクリック