普段の睡眠状態を見直してお顔の肌荒れ緩和へ

2022年06月27日

普段の睡眠状態を見直してお顔の肌荒れ緩和へ

柏市6月なのに、最高気温が34度や5度の日が続いていますね。

夜も寝苦しいと思いますが、皆様良質なしっかりとれていますか?

良質な睡眠とは
✅ 心地良く眠りに落ちる
✅ 深く眠れる
✅ 起床時大変スッキリしている
✅ 心と身体の疲労がとれる
✅ 成長・健康・美容などに良い影響を及ぼす

朝起床時、上記のような感覚はあるでしょうか?

良い睡眠をとらないと体調が崩しやすくなりますし、もちろんお肌にも少なからず影響を及ぼします。

泉町鍼灸整骨院でも、最近お顔の肌荒れなどのお悩みで美容鍼のご予約が急増しております。

暑い時期の肌荒れ対策は、睡眠を見直す事でお肌の新陳代謝上昇事が大変重要となってきます。

今回は、お肌な睡眠の関係性をご説明させて頂きます。

睡眠状態を見直して頂き、肌荒れの軽減に繋がると幸いです。

良質な睡眠をとり、お肌の再生を促進するには

良質な睡眠で肌再生へ

睡眠時に肌の再生促進を導くには、「IGF-1」の分泌促進がカギとなります。

IGF-1とは成長ホルモンによって、肝臓から生産されます。

主にコラーゲン生成、昼間に受けたお肌への外的刺激の修復をする作用があります。

IGF-1が分泌促進される条件は、睡眠の時間・深さが重要です
具体的に
● 睡眠してから3時間以内
● ノンレム睡眠時
● 3時間以上の良質な睡眠
⇒ お肌の新陳代謝が上昇し、肌荒れの緩和に繋がる傾向です

※ノンレム睡眠とは:眠り入った初期(約90分)で深い睡眠。

現実の睡眠とお肌の状況は

お越頂くお客様に、お話をお聞きしていると。

就寝前に、目やお身体にストレスを加えてしまう習慣を行っている傾向です。

特に多いのが、就寝前に食事・スマートフォンの使用など。

スマートフォン使用により、睡眠の質が悪くなる

就寝前に不摂生やストレスがかかると、コルチゾールというホルモンが体内に残存します。

コルチゾールは、成長ホルモンが分泌を抑制・睡眠の質を落とす作用があります。

IGF-1は、質の悪い睡眠だと分泌促進が抑制される傾向です。

コルチゾールとは
日中主に起床時に分泌促進され、ノンレム睡眠時に分泌が抑制される特徴があります。
血糖値調整・脂肪分解など作用などを行っております。

コルチゾールの残存はIGF-1の分泌の抑制に繋がり、肌荒れなどお肌にトラブルを及ぼします。

その為就寝前はストレスをかけない、なるべくリラックスするなど工夫が必要となります。

肌荒れの緩和は寝る姿勢も重要

寝る姿勢も重要

寝る姿勢によって、肌荒れが酷くなる傾向です。

仰向けの姿勢

仰向けがお肌に負担がかからない、1番良い姿勢です!

横向きの姿勢

横向きの姿勢は枕にお肌が圧迫されてしまい、肌荒れの原因になる傾向です。

枕カバーやシーツが不衛生だと、ニキビにも繋がりかねません。

うつ伏せの姿勢

横向きと同じく、枕に圧迫され肌荒れの原因となります。

うつ伏せは1番圧迫力が強く、お肌に負担がかかります。

また、ほうれい線・マリオネットラインが濃くなる為。

お悩みの方は、寝る姿勢を見直す事をお勧めします。

枕の高さ

姿勢ではないのですが、枕の高さも重要です。

特に高めの枕のご使用は顎を強く引いてしまい、肌と肌がくっ付き荒れやすい傾向です。

首の横ジワもでき、濃くなりやすく注意が必要ですね。

首の肌荒れなどが気になる方、枕の高さもご確認下さい。

泉町鍼灸整骨院でのご対応

肌荒れのお悩みには美容鍼でご対応

お顔の肌荒れには、美容鍼でご対応しております。

お顔全体にアプローチし、お肌の新陳代謝上昇を目的に肌荒れの緩和を目指します。

鍼は自律神経の乱れを整える作用もあり、良質な睡眠に導きに期待ができます。

美容鍼施術目的
●お肌の新陳代謝上昇(お顔全体にアプローチ)
●自律神経の整え(自律神経のツボにアプローチ・リラックス作用)

最後に

最近柏市の感染者が、増加傾向のニュースを見ます。

泉町鍼灸整骨院では、油断せず衛生管理しております。

ご安心してお越し下さい。

関連記事